ファンステージのゴリブログ

ソフトウェアは高価ですね。。。

ソフトウェア開発は高価ですよね。。。

 

例えば何かアイデアが合って、WEBサイトを作りたいと思っても見積もりとったらウン千万!

何てことはよくあります。

 

何故、こんなに高価になってしまうんだろう。。。と我ながらちょっと考えてみた訳です。

いくつか、これまでに開発したシステムを分析したところ、

平均して約50%が入力チェックロジックの訳です。

 

例えば。

分かりやすいところを例に取ります。誕生日の入力について

・誕生日に未来日は有り得ないので、未来日の入力はエラーにしましょう

・2000年はうるう年じゃないので2000/2/29の入力はエラーにしましょう

・1900年より前はさすがに生きていないはずなので、1900年より以前は入力エラーにしましょう

という何ともなロジックが入ってたりするわけです。

 

これら全てをチェックするプログラムを書いて、全てのパターンをテストして。。。

なんてやってると塵も積もって何とやらで時間とお金が流れていき、高価になっていくんじゃなかろうかと。

(実際、誕生日に未来日を入力してエラーになってるユーザーや1900年以前を入力してエラーになってるユーザーも何年も運用しててもゼロだったりするんですけどね。)

 

じゃ、これらのチェックは要らない!と言って極限まで削って安価で納めたとしても。

結局、「何でこんな分かりきったことをチェックしてないの?」とか上司に突っ込まれたり、それが原因の一つになって他の不具合が出たりした時に

【品質が悪い】という事になってしまうわけです。

 

今の日本における(海外はわからないので。)受発注の関係性が主従関係のごとく出来上がっている以上はソフトウェアは高価のママなんだろうなぁ。。。というひとりごとでした。

Author: ゴリ

株式会社ファンステージ 代表取締役CTOのゴリです 普段考えてることから、技術のことまで幅広く語っていきます

Comments are closed.