ファンステージのゴリブログ

最近の危機感

「IT」自体が死語になりつつあるのを感じる今日このごろです。

 

先日、有料のWEBサービスをローンチしましたが、

やはり、といいますか、もう情報やサービスに対して対価を支払ってもらうのが難しいですね。

 

無料であることが当然になってますもんね。

無料サービスにとって広告って重要な収益だと思いますが

僕は広告だけをみたら白物家電に表示される広告にはWEBは到底敵わないと思うんです。

 

だってユーザーが冷蔵庫の前に行ったら食材とか必要なものを提案してくれるんですよ!?

あなたが広告主だったらイチイチ見に行かないと広告が出ないWEBと

必要なときに必要な広告を出してくれる白物家電。どちらに出稿します?

僕は白物家電ですね。。。

 

となると、、、WEBの広告費が下落して、、なんて日が来るのではないか?と思ってます。

 

重要な収益源が減っていくのです。

 

無料サービスは今よりも難しくなって、WEBの活きる道はR社が得意としているようなマッチングだったり、

その他のツールだったりになってくるような気がしてます。

 

となると、僕らの活きる道も考えなくてはならない。。

・IOTに乗り換える

・マッチングサイト提供側になる(もしくは提携する)

・ツール提供側になる(もしくは提携する)

この3本柱で考えてみようと思っております。

 

Author: ゴリ

株式会社ファンステージ 代表取締役CTOのゴリです 普段考えてることから、技術のことまで幅広く語っていきます

Comments are closed.